About me!

【オービットキー2.0 】キーオーガナイザーで鍵のジャラジャラとおさらば。

最近持ち歩く鍵の数が増えてきたこともあり、ポケットの中で鍵がちゃらちゃらと音を立てているのが気になっていました。

あまり好ましくもないので以下の条件で絞って探してみることに。

  • ポケット内でかさばらない
  • 必要な時にスムーズに使える
  • ¥10,000以下

とにかくポケットから取り出しやすく、取り出したらすぐに使えるようなキーケースが良かったので①と②は妥協せずに検討しようと思っていました。それに対して魅力的なものがあれば別に③の条件には拘らないつもりで探していました。

そんな条件の中購入したのは「Orbit Key(オービットキー)2.0 キーオーガナイザー」です。

見事に条件3つともクリアしてくれました、昨年も色々なものを購入しましたが2020年でベストな買い物だったかも。

目次

Orbit Key(オービットキー)2.0 オーガナイザー

商品説明

  • 商品名:Orbit Key(オービットキー)2.0 キーオーガナイザー
  • 価格:¥4,950~(税込み) ※素材により価格差あり。
  • サイズ:幅20×長さ88㎜

ナイロン素材のタイプとレザータイプがあり、素材により価格帯が異なります。

バリエーションがかなりありますが財布や他の小物と同じ色にしようと決めていたので黒レザーにしました。

ちなみに使っている財布も記事にしていますので良かったらご覧ください。

鍵が綺麗にまとまってポケットすっきり

分解すると下の画像のようにベルト部分、ネジ、ワッシャーのパーツに分かれます。特にドライバーなどの道具は必要なく、素手で分解&組み立てが可能です

鍵の取り付け方は以下の通り。

①金具部分がネジになっているので外します。

 

②レザーベルトの内側に鍵をセットします。

 

③鍵をセットしたら再度ネジを閉めます(ワッシャーを忘れずに!)

これだけです、鍵は最大で7本までセットできるそうです。

ジャラジャラだった以前の状態と比べかなりすっきりと収納することができました、手のひらに乗せるとコンパクトさが際立ちますね。

僕はかさばるのが嫌なので付けていませんが、レザーベルトの下に方に付いているDリングという金具部分には車のカギも付けられます。

取り出しやすく必要な時にすぐ使える

使わない時は金具がしっかりと鍵をホールドしてくれているので勝手に鍵が出てくることはありません。

実際に使うときは鍵がスムーズに回転するので利き手を問わずに収納している鍵を取り出すことができます。

鍵収納時は手の平におさまるサイズ感、鍵を広げると丁度革ベルトの部分が持ち手となってくれます。

絶妙なサイズ感なのでとても握りやすく、ドアの鍵穴に差し込むときの動作もスムーズに行けます。

またネジがしっかり鍵をホールドしてくれているので鍵をどの向きに向けても固定されたまま使うことが出来ます。

慣れれば片手で使うことも出来るので片方の手が荷物で塞がっていても問題なしです。

僕は子供を片手で抱っこしたまま鍵を開けなければいけない時にこのキーオーガナイザーの偉大さを感じています。笑

男心をくすぐるオプション品も多数。

このキーオーガナイザーにはオプション品がいくつかあります。

これがまた男心をくすぐっていくるんですよね…、商品を組み合わせて自分好みのツールにすることができます。

いくつか紹介させて頂きますね~。

チポロトラッカー

紛失防止のアイテム、スマホにアプリを入れておき鍵とスマホに一定の距離があいたらアラートで知らせてくれるそうです。

またスマホで鍵の現在地も調べることができます。

 

マルチツール

なんとこれ一つで6つのツールの役割を務める優れものです。

  • ボックスカッター
  • 缶開け
  • 栓抜き
  • マイナスドライバー
  • スパナ
  • やすり

キャンプの時とかにあったら便利そうですね!

いざという時に持っていないようなツールばかりなので、このマルチツールがあれば大抵の状況に対応できそうです。

爪やすり+ミラー

ちょっとした身だしなみチェックの時に活躍しますね。

マルチツールは見ているだけでわくわくしますね。笑

趣味や普段の行動様式にあわせてカスタムできるのはおもしろい。

めがねのまとめ

見た目はスタイリッシュでシンプルですが、その小さい姿の中に魅力がたくさん詰まったアイテムです。

デザイン・実用性も申し分なしで、冒頭で書いた通り今年一番満足度が高かった商品でした。

デザインがシンプルな分、男女問わず使えると思いますのでギフトにも丁度良いかと。

キーケース探している方おすすめです!

それでは~。

シェアはこちらから。

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる